毎日を生きることは難しい。

両親の離婚に不登校。女性経験なしコミュ症。パワハラで退職。ちょっと鬱。ぐれずにここまでやってきた僕のゆったり日記。

お腹の痛みは耐え難い。 part4

ここ1・2週間は身体の不調が目立った。

だるさは当たり前。水を吸った衣服を着用しているような重さがあった。仕事中の比ではない。「精神と時の部屋」に入り、重力が倍になった感覚でもない。わからないが。ただ立ち上がること、歩くことを奪う辛さだ。効く。熱も39℃台をマークした。その都度、風邪薬を飲む。現代の医薬品は優秀だ。しかし、このやる気を衰退させる魔力はなんだろうか。

朝から昼、夜にかけて下痢洪水注意報が発令されました。トイレに向かう際にはトイレットペーパーの予備を確認し、ベルトを外しておくという事前準備が必要になるでしょう。

6時頃から音が鳴り出し、雷雨。お腹の痛みは耐え難い。この世の痛みで地味だが強いナンバーワンだ。何か……違うことを考えよう。政治はどうだろう。かけにもり、水掛け論にモリモリバナナ。オーマイガーです。大学のスポーツマンシップについて、ぐぅぅ……タックルはボディブローのようにじわじわと、効かない。

1日の3分の1はトイレの個室で過ごした。第2の故郷である。食べた固形物がどろどろの液体になるなんて不思議でたまらない。もうトイレと友達になりそうだ。しかし、腸と大腸。お前らとは仲良くできないからな。どういう要件なんだ。お前らは(身体の中で)完全に包囲されている。最後の悪あがきを続けているわけだ。それは効いている。犯人はお腹の中にいるから捕まえられない。「肛門が封鎖できません!」と、青島さんなら言うだろう。……ぶりぶりぶり。この個室にいる間だけ、もしもボックスと同じだ。どこにでも行ける。そして、下痢で目覚める。