毎日を生きることは難しい。

両親の離婚に不登校。女性経験なしコミュ症。パワハラで退職。ちょっと鬱。ぐれずにここまでやってきた僕のゆったり日記。

パーカーを着たまま決意。 part2

父との会話の最後に、僕は3つだけ意見を述べた。

一つ  責任を感じなくていいこと。折れてしまうのは、時間の問題だった。たまたま父だっただけだ。

二つ  僕が必要としてない優しさは、お節介だということ。助けて欲しい時は、言う。

三つ  年金の申請だとか、病院にいつ行くかなど未来の話はしないこと。これが一番堪える。先が見えない、それは物凄く怖い。ただいつもみたいに、何気ない会話をして欲しい。

わがままだ。普通の人達は働いて頑張っているのに、何もないくせに取扱説明書のようなことを言って。本当に、糞みたいな人間だと思う。パーカーの紐を抜いて……なんて考えてしまう。

でも私は言えた。

しっかりと口を使って。目を合わせてなんかは難しいけれど、言えた。

久しぶりに涙を流した自分に、丸をあげたい。まだ僕は大丈夫だと。

思いもよらない号泣で何かが溶けた。

「4つめ、自分で立ち上がるから。辛いときは言うから。時間かかるけど、頑張るから」

こんなこと言うつもりはなかった。

考えたことさえ、驚いている。

父は「仕事をするから」と、リビングに戻った。これでいい。社会のレールを外れた私は、これから先"普通"じゃないとか、負け犬だとかと、レッテルを貼られる。まだまだ立ち向かう勇気はないけれど、待っていて欲しい。パーカーの裾をぐちゃぐちゃにしたまま、そう思った。