毎日を生きることは難しい。

両親の離婚に不登校。女性経験なしコミュ症。パワハラで退職。ちょっと鬱。ぐれずにここまでやってきた僕のゆったり日記。

修学旅行に綺麗な足。 ー実話ー

今週のお題「修学旅行の思い出」

何年も前のことなので、記憶の断片をかき集めながら書いていきます。誰かに伝わるよう必死に。

あれは蝉の声が無くなり始めた頃でした。小学5・6年生のどちらか。それは滝や寺を観光するというありきたりなもので、多くの学校がその時期にその県に集中します。もちろん私たちの学年もそれに向かい、あまり覚えていませんが存分に楽しみました。おそらく。

お風呂に入りお腹いっぱいご飯を食べ、はい。おやすみなさい。……とはなりません。友人達と夜更かししていました。何時頃でしょう。半分くらいが眠りに落ちたとき、ある一人が入口下の扉の方を指差しました。オートロックなどない昔ながらの宿舎には、入口の近くの壁下にスライドドアが付いています。みんなが何事かと目をやると、すらりとした女の人の足がありました。廊下側にしっかりと。

「女子の誰かが遊びに来たんじゃねーの」

友人の1人が言いました。確かに。疑わない健全な男子たちは、誰が来たんだよと鼻を鳴らし、違う意味で心臓をドキドキさせます。

「でも、足を見てんのも悪いね」

そう言いながら1人はスライドドアを閉めました。女の人の足は一歩も動いていない。石像みたいに、ただそこにあるようでした。

「遅くねー」

待ちくたびれた友人は扉を開け、廊下に女子を迎えに行きました。そしてすぐに戻ってきます。いねーと、言いながら。そんなはずないよと、スライドドアを開けると、確かに、そこに足はありません。帰ったんじゃねと、笑い話。疑わない男子たちは、1人また1人と眠りにつきます。そして変わらない朝を、迎えて行きました。

余談

私の小学校ではたくさん撮られた写真の中から、好きな写真をピックアップし購入します。その中の1枚が密かに話題となりました。滝の前で撮られた写真。生徒と先生、校長先生も交えた笑顔の写真。両足がありません。校長先生の。現在の技術では背景をA Iが理解し、ある部分だけ切り取ることも可能ですが、当時にそんな技術はないはずです。上半身と滝。下半身がなく、後ろの滝が写っています。

翌年、校長先生は変わっていました。

 

当時は何も考えなかったのですが、今思えばおかしな点が多いです。今思い出したほうが、あの廊下に立っていた足を鮮明に描くことができるのです。