毎日を生きることは難しい。

両親の離婚に不登校。女性経験なしコミュ症。パワハラで退職。ちょっと鬱。ぐれずにここまでやってきた僕のゆったり日記。

また×6作詞

朝までと夜までの

疲れることなく朝はやってきて

霜や氷を溶かしていく

見違えるほどの  春はすぐそこ

桜が咲いたら  迎えに行くよ


その先を思う  その意思が

僕をちょっと強くさせた

また深い眠りに耐えながら

もう一度  言葉を噛み締めた


「無駄なことばかり  積み上げた日々を

無性に壊してしまいたくなる」

初めて抱いた夜  君は打ち明けた

僕は言うよ  「無駄じゃない」と


その先を思う  不確かさ

まるで悩ませるように

誰しもに降り注ぐ  この雨を

傘もささず  受け入れてみよう


その先を思う  この僕が

幸せにしたいと決めたんだ

また君の声を聞きたい

もう一度  言葉を噛み締めた

 

 

ドラマチック

一つより二つにして

並べて繋げるよ

ピンと張る糸のように

 

でも  躓くたびに切れちゃ

手間がかかるだろう

真面目さが売りだとしても


木曜の夕方は  切なくも楽しみ

待ち合わせの10分前  君を思う


夢心地でいいなら  離れても構わない

嫌がって膨れるのは  わかってる

片手で収まるほど  軽いものじゃないけど

頼りなく言えるのは

こんなにも  愛しているから


時には  言葉よりも

生々しい行為が

不確かな道しるべとなる


ドラマチックな展開

煌びやかな衣装

「異なるの  今もいいけど」


鏡に引き込まれるような

似てる二人

東から日が登る前に

内緒にしよう


手元に包んでいた  頼りない孤独は

ペットボトルに詰めて  波へ流す

世界中の全てが敵に回ったとしても

ただひとつ言えるのは

こんなにも  愛していること